ショールーム臨時休館

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、

各メーカーのショールームから臨時休館のお知らせが届きました。

 

◆パナソニック 4/1~4/12まで

◆TOTO 3/28~4/5まで

◆LIXIL 4/2~4/12まで

 

先週から徐々に商品の流通が回復してきたので残念ではありますが、

まずは一日も早い終息に向け、ご協力いただければと思います。

コロナの影響

新型コロナウイルスの影響は、日に日に大きくなってきています。

私たちができることは、先ず自分自身がコロナウイルスにかからないことです。

人混みを避け、丁寧な手洗いとうがいを行い、触れるものに気をつける。

出来る限りのコロナ対策を行い、周りの人に迷惑をかけないように過ごしていきたいのもです。

これから休日が増え、時間に余裕が出てくることもあると思います。

こんな時だからできることを探し、時間を費やすの良いかもしれません。

例えば

いつもより掃除をまめにおこなう。

興味のある勉強を始める。

映画や音楽鑑賞

読書

インターネット

あまりネガティブに考えずポジティブに過ごしていきましょう。

🎶 Que sera sera!

  What will be,will be. 🎶

 

 

マスクと検温

弊社では、新型ウイルス発生に伴う感染予防対策として、
出社前に検温を行っています。
発熱または体調不良の場合は無理をせず、出社しないことにしました。

また、ご来店のお客様ならびにスタッフの
健康・安全確保を第一に考え、

一部従業員のマスク着用を実施しております。
これは予防の一環であり、従業員の
体調不良によるマスク着用ではございません。
お打合せ中の皆様、ご来店の方におかれましても、
マスクのご持参、着用等、可能な範囲でのご協力をお願い申し上げます。


新浦安マンションリフォーム工事

解体工事も終わりました。

既存利用するものを確認します。

排水管や換気ダクトはそのまま利用です。

年数が経った換気ダクトは、内にほこりが溜ってしまうので掃除機やブラシでほこりを取り除きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンション住まい

PayPayでお支払いできます

リファイン浦安はキャッシュレス決済サービス「PayPay」が使えるお店です。

キャッシュレス払いによる消費者還元制度で5%分のポイント(ひと月上限25,000円)が返ってきますので、

PayPayでお支払いいただければお得になります。

消費者還元制度は今年の6月までの予定です。

ぜひお得なサービスをご利用ください。

K様邸【浦安市・マンション】

受注再開

オリンピックイヤーだと賑わっていた年明けからは一転、

首都封鎖という恐ろしいワードまで飛び出す状態になってしまいました。

私たち建築業界も、各メーカーから突然の受注停止を告げられ、

工事がしたくても商品が入らないという状況。

この先どうなるんだろう・・・と先が見えない不安を感じていましたが、

先週から少しずつ、受注再開となった商品が増えてきました。

まだまだ通常納期には戻らないものの、

待っていればいつかは手に入る状態に回復したことで、

とりあえず前に進めそうです。

早く元通りの落ち着いた世の中になってほしいですね。

周囲との関係を良好に

職場や家庭などで問題が起きた時、

私達はそれを解決するための手段を模索します。

そのような時に心強いのは、相談相手がいることです。

皆さんには、悩み事や困ったことが起きた時に、

相談できる相手がいますか?

誰かに相談して、問題が解決できることは、

実は少ないかもしれません。

ただ、話をすることで考えを整理することができたり、

前向きな気持ちになれたりします。

聞いてもらうだけで、苦境を打開するきっかけになっているようです。

「聞いてくれる相談相手」を持つためにも、

日頃から周囲との関係を大切にしましょう。

 

子供の影響

間もなく、震災直後に生まれた息子が9歳の誕生日を迎えます
お誕生日が来たら家の中の備蓄を見直して、食材を入れ替える
避難袋の洋服やアイテムの消費期限をチェックする
というのが我が家の恒例です。

今年のお誕生日にしたいことを聞いたら
お友達とレジャー施設(彼のお気に入り)に行きたい!・・・ごめん今は無理
じゃあディズニー!・・・それもごめん無理

・・・ケーキはいいよね?  

という何とも親としては胸が苦しくなる会話でした。

学校を始め、様々な施設が休園している今
子供達にどのような影響があるのでしょうか。

感染しないようにと気を付けている大人のピリピリモード
店内で商品をわれ先にと手に取る殺伐とした雰囲気
咳をした人に向けられる冷たい視線

子供達はきっと敏感に感じているはずです。

こども達の心のSOSは親以外に発信されることもあります。
自分の子供だけでなく、廻りに目を向けて
地域で子供たちを守っていきたいですね。




ページトップへ戻る