スタッフブログ

コロナウイルス続報

連日報道されているとおり、

日本国内でもコロナウイルスの感染が拡大してきました。

観光地や飲食店ではキャンセルが相次ぎ、頭を悩ませているようです。

私たち建設業界も例外ではありません。

パナソニック商品でいうと、

キッチン、トイレ、食洗機等の新規受注が停止になってしまいました。

中国の工場で作られている、ほんの小さな部品が手に入らないだけでも、

商品全体の出荷に影響が出てしまうそうです。

先週、メーカーの営業さんから聞いた話によると、

学校や新築マンションを担当されている方は、

扱う台数も多いので大変な目に遭っているようで・・・。

みんな仕方ないとは分かっていても、

それぞれの置かれている立場もあり、どうにもならないのでしょうね。

一日も早く終息に向かうことを願います。

ガルシャット

先日、取引先の営業さんから面白い商品を教えてもらいました。

大建工業が発売している感震ブレーカー「ガルシャット」です。

 

 

 

 

 

 

 

アース線に繋げるだけで、大きい地震が起きた時、装置が検知して漏電ブレーカーを自動で落としてくれる仕組みになっており、

通電火災を防いでくれる商品です。

https://www.daiken.jp/product/detail/kanki/16110164.html

分電盤の内部に設置する感震ブレーカーだと電気工事士の資格がなければ設置できない物ですが、

「ガルシャット」は、電気工事は不要で低価格で設置できそうです。

 

 

 

収納方法を考える

価値観は人それぞれで、ほんの微妙なズレが、

時として大きなストレスを生み出すことがあります。

たとえ相手が血を分けた子であったとしても、また然り・・・。

 

いつの間にか、私より念入りにドライヤーをかけるようになった息子。

身なりを整えるのはいいのですが、

使い終わったドライヤーがいつも洗面台の上に置きっぱなしで、

何度言っても直りません。

私は、使わない物は全て見えないところに片付けたいという、「見た目重視派」

一方息子は、「どうせすぐに使うんだし・・・。」という、良く言えば「効率重視派」

妥協点はどこにあるのか探った結果、こんな商品を見つけました。

 

 

 

 

 

 

 

片付けが苦手な人に対しては、手間を減らすことが鉄則です。

扉を開けて、箱を取り出し、蓋を開けて・・・なんて絶対に無理。

棚に置くだけといった、ひと手間で片付くカンタン収納が大切なんだと実感しました。

片付かないとイライラする前に、収納方法を見直してみるといいかもしれませんね。

 

新型コロナウィルスの影響

新型コロナウィルスの感染が拡大しているなか、

建設業界にも大きな影響が出始めております。

メーカーの商品の一部に、海外で製造されているものがあり、

工場の閉鎖等により納期に一部遅延が生じ始めています。

 

パナソニックからの情報では

2月12日以降の新規受付商品から標準納期での回答が

出来ない可能性があるとのことでした。

現時点で、情報が流動的なため、どのような影響が出るかは、

はっきりとお伝えすることはできませんが、

当社としましては、早期発注や納入日時を都度確認し、

ご依頼頂いているリフォーム工事に影響がでないよう

努めさせていただきます。

ただし、今後の状況次第では、工事日の延期や、

製品の変更をお願いすることも考えられますので、

何卒ご理解、ご協力の程、宜しくお願い致します。

 

ちゃんとごはん。

料理をしない営業マンがキッチンを売るとき
どんなに使い勝手が良いと説明しても説得力ありませんよね。

私は子育て中の主婦なので、料理は人並みにしているつもりです。
でも料理って人によってそれぞれ関わり方が違いますよね。

毎日沢山の食材と格闘しなければならない人
週末は作り置きの為にコンロとレンジフル活用の人
アレルギーがあるので、市販品をほとんど使えず、調味料から手創りが多い人
電子レンジやオーブン、グリルを使って時短レシピを作りたい人


時短生活をサポートするアイデアは沢山持っているつもりですが
それ以外をお求めの方に、十分なご提案ができているのだろうか?

そう考えたら、色々なパターンを経験して気が付いた事をリフォームに生かすのが
てっとり早い!

ということで、得意の時短レシピを朝だけ封印。

「ちゃんとごはん」

を実践しています。

※夜は19時過ぎから料理するので時短続行です※

だしパックを使わずに味噌汁を作ってみたり、
土鍋でご飯を炊いてみたり
ゴマや味噌をすり鉢で擂ってみたり

だんだん楽しくなってきて、
ついに削りたての鰹節を食べたいと

 

 

 

 

台屋さんの鰹節削りを買っちゃいました。
机に出しっぱでも良いくらいシンプルで素敵な見た目。

ちゃんとごはんを一通り堪能した後は
調味料作りをしてみようかな。

新しいオーブンに買い替えたら手作りパンとか?

夢はどんどん広がります。

楽しむだけで終わらず、こんなのあったら便利なのになーと
気が付いたことを上手くご提案に盛り込めるようにしていきたいと思います。




喜んで働く

朝礼で利用している、職場の教養という本に

面白い文章がありましたので紹介します。

人の働き方には様々な段階があるとのことです。

第一段階 我慢して仕方なく働く

第二段階 怠慢で要領よく働く

第三段階 慣れの為、適度に働く

第四段階 収入を得る為、消極的に働く

第五段階 努めて真面目に積極的に張り切って働く

働いていると、大変なことや、嫌なこともあると思います。

ただ、私たちの仕事はモノづくりです。

住みにくい家が、綺麗に使いやすくなったり、

ホテルのような、居心地の良い住まいになったりします。

お客様も喜んでくれますので、そこにはやはり満足感が得られます。

リフォームの仕事は、楽しいなと思います。

 

好きな物

ワーママのほとんどの方が同じだと思いますが、
子育てをしながらフルタイムで仕事をしていると毎日ドタバタ。
時間に追われて急ぎなさい!早くして!
この言葉を1年間に何回言っている事やら・・・。

あと何年ママと甘えてくれる日があるのかと思ったら
もう少し余裕を持って丁寧な暮らしをし、
穏やかな気持ちで子どもに接したいと思うようになりました。

その為に、私の気持ちを落ち着かせて入れるアイテムをいくつかポチっとネットで購入
(形から入るタイプです・・・)

一息ついて落ち着く為に買ったもの
信楽焼の茶器。








1人分の煎茶でも美味しく入れる事が出来ます
見た目だけでなく、茶こしが無いのでお手入れが楽な所も気に入ってます。

ちょっと良い物に囲まれながら、丁寧な暮らし
しばらく続けてみようと思います。


PayPayでのお支払い

弊社では工事代金をPayPayでお支払いが可能です。

PayPayの残高上限やお支払い上限があるため、高額なお支払いは難しいですが、

6月まで実施されるキャッシュレス払いによる消費者還元制度で5%分のポイントが返ってきますので、

現在でしたらPayPayのご利用でお得になります。

ただし、消費者還元による還元は月間還元合計上限があり、ひと月25,000円相当となっておりますのでご注意下さい。

 

次世代住宅ポイント制度

ついこの間、年が明けたと思っていましたが、今日はもう立春。

歳を重ねるごとに、時の経つスピードが増している気がします。

さて、昨年から始まった「次世代住宅ポイント制度」の申請期限も、

いよいよ来月末に迫ってきました。

災害等やむを得ない理由により、期限内の着工が困難と認められる場合には、

令和2年6月30日まで延長されるそうですが、

≪災害等やむを得ない理由の事例≫

  • ・新築住宅の建設予定地やリフォーム対象住宅の被災
  • ・工事施工者の被災
  • ・被災地における修繕業務の需要増大により、工事施工者の受注能力・施工能力を超過
  • ・被災地への業務応援のための施工能力の不足
  • ・材料供給事業者の被災による材料供給の遅延
  • ・台風被害を踏まえた、契約後の設計変更の発生
  • ・積雪等天候に起因する工事の延期

 

ざっと内容を見た限り、

弊社でのリフォームの場合は、3月31日までと考えるのが妥当だと思われます。

春からの新生活に向けて、最後のチャンスですね。

 

キッチンリフォームの工夫

キッチンのリフォームを計画する際に、

注意したいのが収納スペースの確保です。

カタログ等を見ると、綺麗なシステムキッチンのことで、

頭が一杯になってしまい、収納を忘れてしまいがちになります。

キッチン交換を検討している時、収納まで含めて計画すると

ただ綺麗になるだけでは無いリフォームになります。

キッチンの位置を変更することで、カップボードを置くスペースを

増やすこともできるかもしれません。

使われていないスペースを、憧れのパントリーに変更し

すっきりしたキッチン空間を手に入れることができるかもしれません。

キッチン交換を計画している時は、様々な可能性を探ってみてください。

キッチンの収納スペースが増えると、

リビングダイニングを含めて、素敵な住まいになると思います。

 

ページトップへ戻る