入船マンションリフォーム工事

材料を入れて造作工事スタートです。

図面と墨を確認しながら木間仕切りを建てていきます。

 

入船マンションルフォーム工事

解体ゴミを搬出しました。

隠れていた縦配管や配線が確認できる状態になりました。

 

 

年末年始休業のお知らせ

≪年末年始休業≫

12/25(土)~ 1/5(水)

1/6(木) 9時より営業開始

休業中にいただいたお問い合わせにつきましては、

1/6以降、順次対応させていただきます。

 

皆様、良いお年をお迎えください。

納期遅延について

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、

建材や設備商品を完成させるための部材生産に支障が生じております。

給湯器やウオシュレット等、一つの小さな部品が無いだけで

組み立てることが出来ず出荷されません。

現在、給湯器、ウオシュレット、センサー付照明、IH、インターホン等

多くの商品が入りにくい状況です。

リフォームをご検討されている場合は、

思っている工程が組めないかもしれません。

お早めにご相談ください。

 

「共働き子育てしやすい街ランキング2021」

「共働き子育てしやすい街ランキング2021」上位10自治体が発表されました

日経DUAL(現・日経xwoman DUAL)と日本経済新聞社が、
2015年から毎年実施している調査で今年で7回目になります


「認可保育所に入りたい人が入れているか」

「病児・病後児保育施設の充実度」

「学童保育が充実しているか」

「移住する子育て世帯への支援策があるか」

「親のメンタルケアなど子育てをサポートするサービス」

などの観点から計43の評価項目を作成して採点されたそうです。



1位松戸市、
2位宇都宮市
3位浦安市と富山市

5位は厚木市・北九州市・福生市
8位は青梅市・大分市・堺市(同順位は五十音順)


浦安市、嬉しいですね。
私も共働きしながら子育てしている1人。
リフォームを通して、働くママが快適に過ごせるお手伝いが出来ればと思います

家事動線の見直しや、掃除がしやすい設備選びはお任せ下さい



浦安新聞

こどもみらい住宅支援事業

グリーン住宅ポイントの受付は終了してしまいましたが、

代わりに「こども未来住宅支援事業」が開始されることになりました。

パナソニックからいただいた最新チラシです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●2021年11月26日以降に契約

●事業者登録(2022年1月に開始予定)以降に着工したものが申請対象

レンジフード、食洗機、ガスコンロ、エアコン等も対象になるので、

個人的にはグリーン住宅ポイントよりもお得なのでは?と感じています。

せっかくリフォームをするのであれば、

補助金を賢く使ってリフォームできるといいですね。

洗面室の収納

洗面室の収納に満足している人は少ないと思います。

洗面スペースは狭いので、収納スペースが不足がちになります。

タオル、パジャマ、下着、洗剤などのストック用品など

置いておきたいものが沢山あります。

そこで、リフォームする時には、洗面室の収納についても

じっくり検討しましょう。

お住まい全体のバランスを考慮し

洗面室を広くするのも1つの案です。

どこのお部屋もそうですが、収納を充実すると

片付いた、気持ちの良いお住まいに生まれ変わります。

 

正しい手指消毒、できていますか?

  • 新型コロナウィルスが広がった事で、日本中で手指消毒が行われるようになりました。
    お店やエレベーターホール、自宅の玄関に設置され、
    当たり前になった今、少量を手の平にとって“はい、終わり”。
    こんな「間違った手指消毒」をしていませんか?

    アルコール手指消毒剤は手の平だけでなく、
    塗り残しのないように全体に満遍なく15秒以上かけて広げる必要があります


  • ①消毒剤をしっかり1プッシュ手に取る
    ②両手のひらをこすり合わせる
    ③指先、指の背を忘れずに
    ④手の甲はもう片方の手のひらでこする
    ⑤指の間は指を組むようにして
    ⑥親指は包んでねじる要領で
    ⑦両手首までていねいに乾くまでこすることがコツ

    手指消毒が雑になる理由の1つには、消毒剤の使用感に対する不満があるようです。

    スプレータイプ
    ジェルタイプ
    ローションタイプと様々な種類が出ていますので
    自分にあった消毒剤を見つけて、しっかりと感染対策を行って下さい。


納期遅延のお知らせ

以前、給湯器やトイレの納期が遅れているという話をしましたが、

最近ではガスコンロや照明器具(センサー付きや調光調色タイプのもの)等にも、

入荷の目途が立たない商品が出てきています。

さらに先日、壁紙メーカー「サンゲツ」の工場で火災が発生し、

量産壁紙商品の一部に納期遅延や欠品が発生するという情報が飛び込んできました。

ウッドショックによる木材の価格高騰も問題になっており、

リフォーム業界にとっては厳しい状況が続きそうです。

コロナが始まってもう2年。

早く世の中が落ち着きますように・・・。

ページトップへ戻る